株式会社 三桂

株式会社 三桂

サイト内検索

トップ講演会 一覧 > 大崎 麻子

講演会

大崎 麻子

国際協力・ジェンダー専門家
関西学院大学客員教授

講演テーマ
「女性活躍推進:グローバル視点から考える日本の現状とこれから」
講演内容
なぜ、「女性活躍の推進」が国際潮流となり、日本政府の優先課題にもなったのか?世界経済フォーラムのグローバル・ジェンダー・ギャップ指数の背景・解説と、日本の順位が落ち続けている理由。(2017年は144カ国114位)世界のビジネス・金融・広告業界が牽引し始めたグローバル・ムーブメントとは。
講演テーマ
「女子力のグローバル・スタンダードとは?」
講演内容
なぜ今、世界は「(特に思春期の)女の子」のエンパワーメントに注目しているのか?国連の持続可能な開発目標(SDGs)に「女の子のエンパワーメント」が明記された背景、最近のディズニーのプリンセス映画が描く「女の子のエンパワーメント」とは?
講演テーマ
「世界から学ぶ、人生100年時代を幸せに生きるための処方箋」
講演内容
国連の幸福度調査が導きだした、人々が「幸福」を感じる要因とは?年齢と共に幸福度が上がる欧米と、下がる日本。その背景には何があるのか?日本に足りないのは、「自分の軸」と「受援力(助けを借りる力)」。
講演テーマ
「地方創生と女性活躍:女性が活躍できない地域は、消滅する!?」
講演内容
地方の人口減少の大きな理由は、若年女性の流出である。なぜ、男性はUターンするのに、女性は地域に戻らず、都市部に留まったり、欧米諸国に移住したりするのか?若い女性が活躍できるモデルを作った「村」の話など。
講演テーマ
「AI時代の子育てと教育:これからの時代を生き抜くための『力』とは?」
講演内容
(グローバル化と技術革新の急速な進展により、これからの日本の経済・社会・働き方は大きく変わる。AI、IoT、フィンテック時代を見据えて、子どもたちが身につけておくべき力とは?家庭でできることも含め、これから求められる教育とは?)
講演テーマ
講演内容
講演テーマ
講演内容
ジャンル ジェンダー、国際関係、女性の生き方、子育て、教育、文化・生活
出身地 神奈川県鎌倉市
経歴

【経歴】

神奈川県立鎌倉高等学校、上智大学卒。米国コロンビア大学国際公共政策大学院にて国際関係修士号(国際人権・人道問題専攻)取得後、国連開発計画(UNDP)ニューヨーク本部に入局。途上国のジェンダー平等と女性のエンパワーメントの推進を担当し、世界各地で女性のための教育、雇用・起業支援、政治参加の促進、紛争・災害後の復興支援のプロジェクトを手がける。現在は、フリーの専門家として、国内外で活動中。

 

2009年~ 関西学院大学総合政策学部客員教授(ジェンダー論)

2011年~2015年 国際NGOオックスファム・ジャパン東日本大震災復興支援事業ジェンダー・アドバイザー

2012年~ 聖心女子大学非常勤講師(ジェンダー学)

2012年~ 公益財団法人 プラン・インターナショナル・ジャパン理事

2015年~ 国際女性会議WAW!アドバイザー(外務省)

2015年~ 男女共同参画推進連携会議有識者議員(内閣府)

2016年~ 国連安保理決議1325号「女性・平和・安全保障」に関する行動計画評価委員会委員(外務省)

 

【活動】

国連女性差別撤廃条約(CEDAW)や持続可能な開発目標(SDGs)などの「グローバル・スタンダード」の実現に向けて、国内外で調査、政策提言、研修、講演を行っている。国連、G20APEC等の国際会合への出席を通じて、「ジェンダー」「女性」に関する最新の政策議論、各国の動向、取組み事例にも精通している。

大学院在学中に長男を、国連在職中に長女を出産し、途上国への子連れ出張も多数経験。公立中学校のPTA会長を務め、地域の教育活動にも取り組むなど、Think Globally, Act Locally(グローバルな視点を持ちながら、自分の足元で活動せよ)を実践中。趣味は、料理と俳句と旅行。

ページのTOPへ