池田 健三郎
文化人
経済評論家 / 共同PR総研所長 / 関西学院大学大学院客員教授

生年月日 1968年 10月 21日   出身地 神奈川県 横須賀市

経歴
経済評論家・政策アナリスト、TVコメンテーター、
シンクタンク代表のほか、ビジネス・コンサルタント、企業経営者として活動中。
神奈川県横須賀市出身。県立横須賀高校、金沢大学法学部卒、
早稲田大学大学院政治学研究科(公共経営専攻)修了。
1992年日本銀行入行(総合職)、
一貫して金融経済の第一線で研鑽を積み1999年6月円満退職。
以降は個人事務所(シンクタンク)を設立し、「政策職人」として活動。

Regularレギュラー

近年は、とくに公共政策を中心とした評論・執筆・講演、プロデュース活動、
さらには企業団体の役員や顧問として、ガバナンス及びリスク管理強化に注力するほか、
戦略的経営のアドバイザリー・サービス供与など多面的に活動を展開している。

JCI(国際青年会議所)セネターおよび(公社)日本青年会議所アドバイザーとして、明るいゆたかなまちづくり運動を支援しており、まちづくり等に関する講演のほか数々の選挙において公開討論会のコーディネーターを務めており、その担当回数は日本一といわれる。
休日にはアマチュア・オーケストラのバイオリン奏者として練習に参加するほか、幼少期から馴染んだピアノ演奏を嗜む。
郵便切手評論家の顔も持ち、世界各国の切手類や、日本の江戸時代から現代までの郵便物(手紙)の膨大なコレクションを保有。使用済切手の回収を通じたボランティア団体・非営利組織の助成にも力を注いでいる。

【現在の主な役職】
関西学院大学大学院 経営戦略研究科 客員教授
(特非)公共政策調査機構 理事長
(公社)日本青年会議所 アドバイザー
(一財)防災教育推進協会 評議員
(特非)日本郵便文化振興機構 代表理事
(医社)井上外科記念会 (世田谷井上病院) 監事

【実績】
浜松大学 ビジネスデザイン学部 特任教授
PwCあらた監査法人 顧問

Biographyバイオグラフィー

TV/テレビ

TBS「ひるおび!」
TBS「朝ズバッ!」
TBS「イブニング・ファイブ」
TBS「水曜ノンフィクション」
読売テレビ「情報ライブ ミヤネ屋」
BS朝日「ごごいち!ニュースキャッチ」
BSジャパン「昭和は輝いていた」
CX「知りたがり!」

BOOKS/出版物

Private eyes
 近代光学出版社
GQ JAPAN
 コンデナスト・ジャパン
AERA
 朝日新聞出版
月刊マネーライフ
 主婦の友社
ベストカー
 三推社

著書
金融政策プロセス論
 日本公法
「郵政」亡国論
 ワニブックスPLUS

RADIO/ラジオ

Jam the WORLD
 J-WAVE
POWER BAY MORNING
 bayFM
私も一言!夕方ニュース
 NHKラジオ

SNSソーシャルメディア