伊藤 聡子 Satoko Ito

文化人
フリーキャスター/事業創造大学院大学客員教授
生年月日 1967年 7月 3日
出身地 新潟県 糸魚川市

伊藤 聡子

SNS

    出演情報

    レギュラー

    ■テレビ

    「ひるおび!」TBSテレビ(隔週水曜12:00~13:54)コメンテーター
    「ミヤネ屋」読売テレビ(不定期13:55~15:50)コメンテーター
    「かんさい情報ネットten.」読売テレビ(第二金曜16:47~19:00)コメンテーター
    「地域にエール!まちカケル」BSテレ東(日曜22:30~23:00)メインキャスター


    ■資格・活動

    事業創造大学院大学MBA

    事業創造大学院大学客員教授

    開志専門職大学客員教授

    新潟大学非常勤講師


    ・内閣府地方創生有識者懇談会委員

    ・経済産業省中小企業政策審議会 委員

    ・経済産業省構造審議会地球環境小委員会 委員

    ・経済産業省総合資源エネルギー調査会 委員

    ・大阪府インターネット上の人権侵害の解消に関する有識者会議 委員


    ・国土交通省地域づくり表彰 審査員

    ・日本農業賞 審査員

    ・内閣府地方創生テレワークアワード 審査員

    ・内閣府企業版ふるさと納税に係る大臣表彰 審査員


    ・新潟大学経営協議会 委員

    ・糸魚川ジオパーク大使
    ・きき酒師

    出演歴

    テレビ

    「趣味Do楽 藤田寛之続シングルのへの道」NHKEテレ:生徒役
    「大人のヨーロッパ街歩き」旅チャンネル:ナビゲーター

    「ベストタイム」(TBS系)

    「スーパーモーニング」(テレビ朝日系)

    「アクセス」(TBSラジオ)

    経歴

    東京女子大学文理学部英米文学科 卒業
    NYフォーダム大学 留学
    事業創造大学院大学 終了


    大学在学中よりキャスターとして活動を開始し、多くの情報・報道番組に出演。
    2002年にNYフォーダム大学留学。

    帰国後はJICAを通して国際貢献の現場を視察し、バングラデシュ、インド、

    インドネシア、ベトナムなどにおいてビジネスによる社会課題解決のアプローチを取材。

    日本の地域においても、東京との格差や地域課題の解決にはビジネスの視点が不可欠と捉え、

    事業創造大学院大学にて経営管理修士(MBA)を取得。2010年、同大学の客員教授に就任。

    数多くの企業や経営者を取材し続けており、地方創生や企業経営などをテーマに幅広く活動している。

    地方創生、エネルギー、温暖化対策などについて、国の委員会の議論にも参加。企業の社外役員も務める。

    その他

    ■講演会/演題

    「コロナをチャンスに!地域から輝く日本へ」
    「コロナで変わる世界と地域のビジネス戦略」
    「VUCA予測不能な時代を生き抜くには」
    「ポストコロナこそ女性が輝く」