谷口 真由美 Mayumi Taniguchi

文化人
法学者 / 大阪芸術大学客員准教授
生年月日 1975年 3月 6日
出身地 大阪市

谷口 真由美

SNS

    ニュース&トピックス

    • 最新のニュース&トピックスはありません

    出演情報

    レギュラー

    ■テレビ

    「サンデーモーニング」TBSテレビ(日曜不定期8:00〜9:54)

    出演歴

    テレビ

    「おはよう朝日です」ABCテレビ
    「キャスト」ABCテレビ
    「ワイドスクランブル」テレビ朝日
    「ビビット」TBSテレビ
    「ゆうがたLIVEワンダー」カンテレ
    「VOICE」MBSテレビ
    「NEWSゆう+」ABCテレビ
    「Mr.サンデー」フジテレビ
    「いま日本は」BS朝日
    「金曜報道スペシャル」テレビ大阪
    「朝まで生テレビ」テレビ朝日

    出版物

    ☆New「おっさんの掟」小学館(2022年㋁1日発売)

    「ハッキリ言わせて頂きます!」(共著)集英社
    「日本国憲法~大阪おばちゃん語訳~」文芸春秋
    「お笑い自民党改憲案」金曜日
    「憲法って、どこにあるの?みんなの疑問から学ぶ日本国憲法」集英社
    「新・資料で考える憲法(共著)法律文化社
    「レクチャー~ジェンダー法」(共著)法律文化社
    「国際人権法概論(共著)」有信堂高文社

    ラジオ

    「小林徹夫のアサデス。ラジオ」KBCラジオ
    「伊藤史隆のラジオノオト」ABCラジオ 
    「谷口学園・春のラジオ講座~実はあなたもマイノリティ!?~」ABCラジオ
    「谷口学園・春のラジオ講座~愛のある「(お)批判」が世の中を変える!?~」ABCラジオ
    「上泉雄一のええなぁ!」MBSラジオ

    経歴

    専門分リプロダクティブライツ/ヘルス、ワークライフバランス、女性の人権、ジェンダー法、国際人権法、国際公共政策、憲法など。
    様々な社会問題に、大阪のおばちゃん目線で鋭くつっこみ、問題提起し、誰にでも分かりやすく解説。テレビ、ラジオでの情報・報道番組出演、新聞・機関誌コラム、講演会など多数。
    父が近鉄ラグビー部コーチ、母が同部寮母だったため、6歳から16歳まで寮のあった近鉄花園ラグビー場内で育つ。当然ながらラグビーにも詳しく、ラグビー界にも広い人脈を持つ。
    2005年から2021年まで、大阪大学で非常勤講師として日本国憲法を教える。名物授業は大学生としては異例の1限から360人の大講義室を満席にする伝説の授業となり、ベストティーチャー賞とも言える大阪大学共通教育賞を4度受賞。 ※関連記事リンク「一限目でも欠席なし。阪大・伝説の恋愛講義『冒頭10分の秘』とはForbs』(2021/11/7
    2012年、オッサン社会に愛とシャレでつっこみをいれること、そして政治経済を難しいことと捉えずにおばちゃんの井戸端会議のように意見を言い合いながら暮らしの事は政治の事としておばちゃん全体の底上げを図りたいと、Facebook上で全日本おばちゃん党を立ち上げる。海外メディアからの注目も高く、仏紙リベラシオンにも取り上げられる。党員は6,000人を超えたが2019年に解散。
    2018年、メディア内部で働くセクハラ被害についての調査を元に、メディアにおけるセクハラを考える会を立ち上げ、代表として日本外国特派員協会で会見を開く。
    2019年、ラグビー・ヤマハ発動機元監督の清宮克幸氏が立ち上げた(一社)アザレア・スポーツクラブの理事も務め、女性アスリートの環境改善、子供のスポーツ育成にも力を注ぐ。
    20196月には(公財)日本ラグビーフットボール協会理事就任。2022年開幕予定の新リーグ法人準備室長を経て、新リーグのチーム振り分けを審査する審査委員長も務めた。
    20216月、日本ラグビーフットボール協会理事退任。

     

    その他

    講演

    法学者として長年大学で教鞭を執って来た専門知識と持ち前の明るいキャラクターで、ややこしい社会問題も、誰もがわかりやすく納得出来るように語る。


    講演内容
    人権アップデートの必要性、コロナ禍(アフターコロナ、withコロナ)の人権、ビジネスと人権、日本国憲法、差別問題、男女共同参画社会、ジェンダー、LGBTQ家族の在り方、ワークライフバランス、女性活躍推進、子育て、今さら聞けないSDGSDG経営
    その他にも、日本ラグビーフットボール協会理事・新リーグ法人準備室長としての活動から、SDGとスポーツ、スポーツと人権、チームビルディング、これからの時代の組織の作り方など幅広いテーマで。


    ex.
    「おばちゃん目線で見る社会の問題〜みんなハッピーに暮らすには〜」
     人権問題から、ジェンダー平等まで、幅広く社会の問題をおばちゃん目線で解決策を探していきます。


    「改憲・護憲を論じるその前に!ホントに憲法を知っていますか?」
     憲法の授業で学生に改憲・護憲の質問をうけます。人の考えはいろいろあると思うのですが、「まず憲法のこと本当に知っていますか?」と答えます。
     憲法がどのように生まれ、そして何の為にあり、何が書かれているのか?知っているつもり?になっていませんか?
     まずは、憲法を知る「知憲」が大事だと思います。


    「オッサン政治にもの申す!おばちゃん目線で世の中もかわる?」
     全ての男性がオッサンという事ではない。オッサンとは、上から目線で独善的な男性、自分の意見を押し付けて、人の話を聞かない。
     そんな、オッサン中心になってしまっている、今の政治や社会のおかしいところに「おばちゃん目線」で愛のあるツッコミを入れます。
     おばちゃん目線イコール生活者目線。社会の弱いものの立場から、世の中をみていきます。