加来 耕三
文化人
歴史家・作家

生年月日 1958年 10月 29日   出身地 大阪市

経歴
昭和33年(1958)10月、大阪市生まれ。
昭和56年(1981)3月、奈良大学文学部史学科卒業。
学究生活を経て、昭和59年(1984)3月より、奈良大学文学部研究員。
現在は大学・企業の講師をつとめながら、
歴史家・作家として独自の史観にもとづく著作活動をおこなっている。
『歴史研究』編集委員。内外情勢調査会講師。地方行財政調査会講師。
外交知識普及会講師。中小企業大学校講師。政経懇話会講師。
古流剣術の東軍流17代目宗家。合気道四段。

講演テーマ

「歴史に学び未来を読む」「戦国武将に学ぶリーダーシップ論」他

「歴史は活用してこそ意義がある」「使えない歴史は意味がない」と常に主張してきた加来耕三。
歴史をいかに具体的に、日常生活や仕事に活用するかを先達の物語を通して
「今、世の中で起こっていることのなぜ?」「未来に起こり得ること」等を歴史家独自の目線で紐解き、現代を生きるヒントを提供します。

講演を依頼する