田中 章義
文化人
歌人・作家

生年月日 1970年 4月 19日   出身地 静岡市

経歴
大学1年生のときに第36回角川短歌賞を受賞。以後、在学中から、
角川書店、文藝春秋、新潮社、集英社、講談社などの雑誌に執筆・連載を開始。
NHKや民放のテレビ・ラジオでもレギュラー番組を持つ。
「地球版・奥の細道」づくりをめざし、
世界を旅しながら、ルポルタージュ、紀行文、絵本etc・・も執筆。
世界各地で詠んだ短歌が英訳され、2001年、当時、
世界で8人の国連WAFUNIF親善大使にアジアでただ1人選出される。
国連環境計画「地球の森プロジェクト」推進委員長、
ワールドユースピースサミット平和大使なども務め、
また、BEGIN、東野純直、遠藤久美子、sarah 、ミネハハ など
様々なミュージシャンへの楽曲にも歌詞を提供し、作詞家としての活動も行っている。

講演テーマ

「短歌入門」「世界で1000年生きている言葉」「私が出会った世界の人々」他

 田中章義は言う「言葉は人間より遥かに長生きだ」だと。「短歌」は古く万葉の時代から詠まれてきた定型詩です。
今でも昔の人がどんな気持ちで生きていたのか、それを現代の私たちが知ることができるのは、言葉が今も生き続けているからなんです。
それを知ると今も昔も変わらず人は、悩み、苦しみ、喜び・・・そんな姿が浮かび上がってきます。そんな言葉を通じて「人間」を考えます。
彼は世界中でも短歌を詠もうと世界各国を訪れています。その数、約100カ国。地球の裏側で出会った言葉や人間エピソードもご紹介。
「自分の編んだ言葉も後世まで長生きするかも」そう思った方、是非短歌にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

講演を依頼する